JAPANESEENGLISH

 

5月23日(日)にはスペシャルイベントが開催されます。

2010年5月23日(日)19時よりスペシャルイベント「LIVE-はりねずみの森」

開催決定!スペシャルサイトはこちらです

DIGITAL HARINEZUMI2

 

●最終日を明日に控えて(2010.05.20)

明日で、東京での「はりねずみの森」が終了します。 このカタチでの上映・展示は、二度とないのだ、と思うと もったいないような悲しいような気持ちもするし、すがすがしくもある。

森は静かに見えても、小さな生き物たちが忙しく動きまわり、 それぞれ勝手に生きている。森の静寂の中身は勝手な忙しさだらけだ。 我々は、まるで、パチンコ屋の喧噪の中で瞑想をするように毎日を生きるしか ないが、それってそんなに悪くないじゃん。 というのを確認したくて、庭師になった気持ちで、 東京版「はりねずみの森」をつくってみた。

この展示はカタチを変えながら続いていく。 どんなに変形していくのか全く想像ができない。 外国でどのように受け入れられるのだろうか。 一体何が失われ、一体何を得ていくのだろうか。

展示というのはいつでも、その時点での青春だよなあ。 どうしたって、何やったって、青春の集合体になっちゃうんだよ。 だから、コントロールはあんまりできないものなんだ。 だって、青春なんだもん。

皆さんが書いてくれたアンケートを読むのは、主催者冥利に尽きる。 そこに書かれた感想は、私達への通知表だ。 この通知表の束を引き出しの奥に隠して、また明日から何かをつくっていきたい。

では、5月23日(日)の番外編「LIVE-はりねずみの森」でお会いしましょう。 きっと、青春なんじゃない?

 

これはデジタルハリネズミによる

カンヌ映画祭であり、オリンピックであり、祭りの屋台である!

30名を超える様々なジャンルのアーチストの作品と、ありったけのデジタルハリネズミムービーを一挙公開。NYのNEW MUSEUMにて開催された一夜限りのプレビューイベントは大盛況!その熱気をパワーアップして大公開します!

Approaching the last day tomorrow (2010.05.20)

Tomorrow, comes the end to "Harinezumi no Mori" in Tokyo. I believe that there will never be an exhibition or showings such as this. I feel sad but also refreshing at the same time.

The forests might seem calm, but small creatures move around, and lives on as they please. Inside the serenity of the forest is filled with irrational busyness.

On the other hand, we have to live everyday as if daydreaming in a pachinko shop - but that's not really bad is it? I wanted to find out - hence the making of "Harinezumi no Mori" Tokyo version pretending as if I were a landscaper.

This exhibition will continue in different forms. I cannot imagine how it will transform itself. Would it be accepted overseas? What will be cut out and what will be added on?

During exhibitions, right at that moment, I always feel at youth, Whatever we do, however we do it, it always end up being a bundle of youthfulness. That's really why we cannot have a control over it. I mean, it's the youth!

Reading everyone's suvey is the happiness only achieved to the organizer. The comments written there are our report cards. I want to hide these report cards deep inside my desk, and make something new again tomorrow.

Well, I will see you at the special event, "LIVE- Harinezumi no Mori". It's probably going to be youthful, right?

 

This is both the Cannes, the olympics and the stage of a festival, Digital Harinezumi style.

30 works by artists from a wide range of genres, as well as a mish mash of films from our archives are shown. All were created by Digital Harinezumi cameras. We had great success with the preview event at the New Museum in NY. Continuing on from that, we powered up and present to you a great new work!

 



折り返し地点を過ぎで

海は全てを流し去る。

森は、善も悪も関係なく、あらゆるものを吸い込んで、酸素に変える。

我々は、小さな嘘や、不完全な愛、うつろな興味を抱きながら、 それぞれが勝手に生き続ける。

ビデオがループするように、私が死んでも、森がある限り、 そのループを誰かが生きていく。

海が死を洗い流す地点、そこがループのスタートポイントだ。

森の中に入ってしまえば、それぞれの勝手なループに秩序は見えないが、 鳥の距離まで離れてみれば、大きくうねる森のループを感じることができるだろ う。

個々の小さなループ、そして被さるような大きなループ、 我々が繰り返し死んでいく平凡なループは、大きなループの中にあり、 複雑な和音と倍音を生み、空と海のループに影響を及ぼしていく。

森の大きな呼吸は、私が女のブラウスの下に感じる呼吸と同期して、 大きなループと小さなループの関係は益々わからなくなってくる。 ビデオの1コマが静止したように、私は飛んでいるのか、落ちているのかさえ、 わからなくなる。私は混乱するが、心地よい混乱の中にいる。

私達は羊水の海から陸へ上がり、森の奥へ奥へ分け入ってきた。 奥に入れば入るほど、森と海と空の境はなくなり、うまくつないだカットの ように物語のつなぎ目が見えなくなる。

そして突然、物語の途中で、大きな水が全てを流し去る。

夜が世界をポーズして、日の出とともにまたループがスタートする。

Past the turning point.

Seawater washes everything away.
Forests absorb both good and bad, and turn them into oxygen.

And us, we carry small lies, imperfect love, vacant interests - yet continue to live unheeded.

Like a video playing on in a loop, even if we die, as long as the forest exists, the loop lives on. The point where the sea washes away death; this is the start of the loop.

If we enter the forest, the logic behind the loops is lost. But if we are somehow able to look down on it all, like birds flying overhead, the massive rolling of the loop behind the forrest becomes clear.

The small individual loops, and a loop big enough to overlay them all, the simple everyday loop of repeated deaths exists inside the largest loop of them all. Complicated harmonics and chords, affecting the loops of the sky and the ocean.

The heavy breaths of the forest sync with a woman's breaths under her blouse, the relationship between big and small loops becomes even more confusing.

Just like single frame paused in a video, I do not even know if I am flying or falling. I am in chaos, but it's a comfortable chaos.

We rose to the land from the sea of amniotic fluid, moved ahead and went our separate ways deep into the forest. As we go deeper, forest, ocean, and the sky become one, and just like a well-edited series of cuts, the links disappear.

And unexpectedly, in the middle of a story, the water washes away everything.

The night pauses our world, and with the sunrise, the loop starts again.
Harinezumi no Mori will be extended until 5/21 (Fri).
There will be a special event on 5/23 (Sun).


イベント初日を終えて

After the first day of the event

音がない映像と、絵がない音楽があるとする。 でも、それらはそれ自体の中に、聞こえない音と見えない映像を持っている。 これは、小説でも、哲学書でも、コンビニでも、エロビデオでも同じだ。 それぞれが、それぞれの、聞こえない音と見えない絵を持っている。

私たち自身は、絵も音も持たない、からっぽのトラックだ。 使命は荷台を荷物でいっぱいにして人生の目的地に届けること。 ある人は街をゆっくり流し、ある人は高速道路をぶっ飛ばし、荷物を探す。 しかし、結局は、からっぽの荷台のまま、人生は中途半端に終わる。 だから私たちは、レプリカントが思い出を欲しがるように、映像や音を欲しがる。 せめて、体積も重量も持たない映像や音で、荷台の空虚をいっぱいにしたいのだ。

いつか映像と音楽が花火になればいい。
ドッカ~ンと打ちあげたら、大きく破裂してあらゆる映像と音が人々に降りそそ ぐ。絵と音はビルの間を抜けて、川に流れ落ち、僕らは電信柱に貼りついた映像 の断片と出会うだろう。

事務所の上の階がイベント会場になっているから、音がズンズンとここまで伝わ ってくる。遠くの祭りのように、どこかの運動会のように、音はざわざわとした 胸騒ぎを生む。この感覚が大好きだ。

オペラなんか観ないけど、
自分たちがやりたいのは、オペラのようなものである。 と、やっぱり、思った。

では「はりねずみの森」で、お会いしましょう。

There are a pictures without sounds, and music without images. However, within each of those there are sounds we cannot hear and pictures we cannot see. This exists everywhere in everything; in novels, philosophy books, convenience stores, and even in pornography. Each and every one of them has its own unheard sounds and unseen images.

As for us, we have neither images nor sounds. We are just an empty truck. Our mission: to load up the truck and deliver it to different destinations of our lives. Some drive around town leisurely, while others hit the highway looking for more loads to carry.

But, in the end, our lives always end with an empty load.

This is why we want videos and sounds, just as our “replicants” desire our memories. We just want to, at the very least, fill our empty trucks with weightless and shapeless pictures and sounds.

If only one day pictures and music could combine like fireworks. As they shoot up into the sky and explode with might, every one of the pictures and the sounds would rain down upon people.

They fall in between and through the buildings, flow along the current of a river, and we will surely find a corner of a part of the picture stuck on a telephone pole.

This event is held right above our office – the sound travels to us. The sounds, like matsuri, a Japanese festival or a sporting event, bring something inside us alive. This feeling is what I love.

I never go to the opera
But I found myself thinking,
“What we want to achieve is something like an opera.”

Well, we will meet at “Harinezumi no Mori”.

ビデオの森へ、ようこそ。

雨に打たれたビデオカメラは溶けて流れ、地面から再び吸い上げられる。
電流は木々を駆け巡り、映像の果実が生い茂る。
ビデオの樹海へ、いらっしゃい。
春夏秋冬、全部の季節を追い越して、今宵はビデオの月明かり。
ゆっくりしてってくださいな。

主催者は語る

デジタルハリネズミの魅力は何なんだろう。 自分の子供の魅力が本当はわからないアイドルの親のように、 作っている私達にも、本当はよくわからない。 でも、フツーじゃないアーチストたちが思い思いに撮った映像、そして 我々の周りのフツーの人々がジャンジャン撮った映像を見れば、 これ以上、わかりやすいことはないように思う。 私たちは東京ドームに立つアイドルが5万人のお客を見てはじめて 自分の魅力に気づいたように、今さら、この魅力に気付くのだ。 おっと、でも違うぞ。5万人もいないぞ、ここには。 まあ、いいじゃないか,そーいう数の問題じゃないんだよ。  幻想は増幅するってことをいいたいだけなんだ。 そして増幅する幻想には理由があるってことなんだ。 その理由。知りたくない?知りたいでしょ? 入場無料。代官山。線路の近く。来るしかないでしょ? デジタルハリネズミの魅力の秘密がわかるってことは、 あなたの本当に魅力がわかるってことかもしれない。 では、会場で! 追伸 よく考えたら実に久々の展示系イベント(展覧会?)です。 是非ともお越しください!

参加アーティスト

  • Agnès b.
  • Albert Maysles
  • Ari Seth Cohen
  • Barnaby Clay
  • Bruce LaBruce
  • Carla Brookoff
  • Chad Phillips
  • Chan Wook Park
  • Charlotte Gainsbourg
  • Chris Apple
  • Christopher Doyle
  • Collective of vision
  • Cristina Guadalupe
  • Dave Potes
  • Harmony Korine
  • Isabel Coixet
  • Jehad Nga
  • Jens Leckman
  • Jonas Mekas
  • Joshua Zucker-Pluda
  • Kim Gordon
  • Luiza Sa
  • Mark Borthwick
  • Matt Amato
  • Miranda July
  • Mounte Eerie
  • Nick Waplington
  • Oliver Payne
  • Patrice Leconte
  • Peter Spark
  • So yong Kim
  • Victor Esther G
and Superheadz

Shower Room Factory

JAPANESEENGLISH

会場は4つのコーナーに分かれています。

「中央の森」

中央は今回のメインとなる映像の森です。 バラバラに解体されたあらゆる映像がミックスされています。 全体で30分の流れを持っており、121の画面で上映します。 会場で流れる音楽は、このメインの画像とリンクしています。

「右の森」と「左の森」

ここでは33名のアーチストの撮った映像が個々に流れています。 数分〜40分の大作まで様々な映像が上映されています。

「水の森」

スクリーンの壁の後ろは「水の森」です。会場であるShowerRoomFactoryのス ペースを象徴する水のイメージでつくられています。

Model: 原紗央莉

The space is divided into 4 sections.

Forest on the Right & Forest on the Left

Showing works by the artists. They vary in length from 20 seconds to 20 minutes. Credits are shown at the beginning of each video. All the works are on loop.

Forest in the Middle

We dismantled the artists works, mixed the pieces with different videos, and remapped the result into something new. All the videos on the 120 screens are unique.

Shower Room in the Back

Behind the white wall, there is a shower room. It is also an exhibition space. Please be careful not to run into the glass walls.

Model: Hara Saori

「はりねずみの森」

会場:SHOWER ROOM FACTORY

〒150-0034

tel (03) 5428 - 5573

東京都渋谷区代官山町1-1Grava Daikanyama 3F

開催期間:4月29日(木)~5月21日(金)

開館時間:13時~20時

入場無料

Special Event: 5月23日(土)

 

Map

Google maps

Twitter Link