LisaLarson.jp

 

 

 
 
 
あなたの街のカメラフェア
 
 
     
  SuperHeadz INa Babylonは、TokyoLomoHeadsを前身とする。 そのありかたは大きく変ったかもしれないし、全然変ってないかもしれない。 とにかく名前は変った。けど、自分達のキーは依然として「写真」だ。 「写真」には飽きることがない、「写真」は、多くの変態がそうであるように、決して絶望 しない。「写真」は多くの女がそうであるように、決して自分になつかない。 かつて音楽がそうであったように、自分達にとって「写真」は、依然として不思議とパワーの源だ。 ホント、「写真」はやりきれない。

写真と写真でないもの、そんな区別じゃなくて、 全部を写真として遊ぶこと。それが唯一のコンセプトだ。

カワイイもエロもアンダーグラウンドもコマーシャリズムも 全部を飲み込んで愉快に転がりながら遊び続けること。 それだけが、いづれ死ぬべき自分達が求めている唯一のテーマだ。

自分達には、役職も、銀座も、カフェも、賄賂も、いい感じのお仲間たちも、 その他大勢のクソも、必要ない。

誰かみたいになりたいとか、ゆるい業界の雰囲気に心地よく浸かっていたんじゃあ、 すぐに小学生に馬鹿にされる。無口な田舎モノのクソガキだけが、世の中を決定的 に変えてしまう。蹴落とされるのは明日はわが身だ。まだ見ぬ小学生にビクビクしながら、 今日も、明日も、とにかく頭をかきむしりながらやっていくだけだ。

だからね、自分らは、どっかの国の誰かのこととか、どっかの会社のオヤジのこととか、 気にしちゃいられんのですよ。ホント、のん気じゃいられない、つーの。

ヒット商品やおしゃれアイテムを作るのは簡単ではないよ。でもね、それって、全ての家庭は 簡単にはいかない、って意味でだ。自分達はアホだが、ホントーに簡単でないことのありか ぐらいはわかってるぞ。

人のいいジイサンの過激さと、若いパンクスの聡明さと、新入社員の要領の悪さを合わせ持って、自分の足元にビクビクしながら、でもオオボラ吹いて、ジタバタ苦しんだあげく、最後はそれを強引に「現実」にする。心地よさっていうのは、ここからしか、絶対にやってこないんだ。この進歩のないガキの発想を維持していることだけが、自分ら が他の猿と違うところだ。

いつか、仕事と生活とか、マイナーとメジャーとか、カワイコちゃんとおっさんとか、死とボインとか、写真と音楽とか、幸福な人生と不幸な人生とか、そんな もんが全部溶けてしまう場所に行ってみたい。ほんの一握りの人たちだけしか行けなかったその場所に、自分たちも行きたいとマジで思ってる。 そこに行こうとする「今」が、あと1年でも、1分でも、1秒でも続けばいい。 結局は、すべては、そのために、ある。

とにかく、わけわかんねぇけどさあ、オモロイことは、ここにあるぞ!ってことだから、 そこんとこよろしくね!再スタート、またまた色々失敗しながらやりまっせ、 てことで。

バイチャッ!

大森秀樹(SuperHeadz INa Babylon)
 
     
 
Top What's Event Voice HeadzModels Give me Contact
Фconcept
Фhistory
Фnew
Фold
Фmy voice
Фyour voice
Фvoice searcher
Фwe want you
Фentry form
Фphoto